園芸係数

突然、スイッチが入った…

何かがザーサイを狙ってる

いやザーサイ育てんのつくづく難しいわ。

中鉢のここまでを並べてみると

f:id:hon:20200118110144j:plain

↑ これが去年の11月13日。種蒔いてから3週間くらい…だった気がする。

f:id:hon:20191118140918j:plain

↑ 11月17日。第2弾で蒔いたのも芽吹いてきた。

f:id:hon:20200118114251j:plain

↑ 12月1日。お、まあまあいい感じだなってなって、

f:id:hon:20200118115228j:plain

↑ 12月26日。ワサッ!ってなった。これで勢いに乗れるで、と、思うじゃん?

f:id:hon:20200118125000j:plain

↑ 年が明けての1月10日でこう。右のやつの欠落感がすごい。

f:id:hon:20200118125102j:plain

めっちゃ食われてる。

美味しいんだろうな。わかるよ、食べようと思ってたし。

しかしどいつだ、どんな虫がこんなに食い散らかした。全然見つからん。

仕方ないので少し「やさお酢」を撒いた。食べることを思うとお酢以外抵抗ある。

 そんでまあ

f:id:hon:20200118153731j:plain

1月17日でこんなもん。クローバーを早く抜こうな。

それにしても、葉っぱもさることながら、茎が一向に太くならないのが問題だわ。茎がメインの作物というのに。

難しいな搾菜。もっと早く蒔かないと、防虫ネットで覆わないと、そもそも畑じゃないととか、とめどなく改善点が見つかってしまいそうだし。

おつとめ品をつとめひん?

ホームセンターの園芸コーナーの隅にはよく、萎れかかって売り物にならない鉢を並べたおつとめ品コーナーがあり、そこを覗いては「新品のを買うほどではないけどちょっと試してみたい品種」を買ってくることがある。ちゃんと選ばないとすぐさま枯れるだけの安いギャンブル。

今回のはこれ。

f:id:hon:20191229160026j:plain

セダム スペクタビレ スターダスト

ベンケイソウ科の宿根草だという。宿根草、しゅっこんそうという読み方を覚えたのも最近だ。根っこさえ生きていれば毎年いけると聞けば、もう一年草育ててる場合じゃねえ!となりませんか?なってるんですよ。寒さに強いと札に書いてあったのも頼もしい。頼みますよマジ(塊根植物の寒さ対策に頭を悩ませている人)。200円。

f:id:hon:20191229161432j:plain

エレモフィラ ニベア

オーストラリアに分布するゴマノハグサ科多年草だそうな。多年草宿根草との違いが最初は自分の中で曖昧だったけど、いいよね。なんでって同じおつとめ品コーナーで9月にセロシアって真っ赤な植物を50円ならいいやって買ったんだけど、これが見事に一年草だって帰ってから知って、まんまと数週間でカリカリに枯れたんだよね。種が飛んでるらしいんだけどそんなの来年になんなきゃわかんないもんね。100円。

スターダストの方は小さいカップのままなので暇なときにほぐして鉢を分けたい。ニベアは調べるほどに室内栽培が推奨らしく、うーんという感じ。

ミョウガール

(1995年米/ポール・バーホーベン監督)

秋になって「だいぶ枯れたなー」とミョウガの茎に手をかけたらそのままズボッと抜けた。

f:id:hon:20191231103610j:plain

ただの土に延々水をやっている状態に。札がないと何だかわからん。

結局ひとつだけギザギザの芽が出てきたのを摘んで刻んで食べただけだったな。

まあ根っこは生きていること…春には芽が出てくることを信じて…

しょうがなかった

いや、ある。

収穫する。

6月の終わり頃に苗を植えてた。一辺10センチのカップに入った苗を。

f:id:hon:20191202155156j:plain

植えて以降。散水タイマーで水をやってただけで、夏も特に葉ショウガの収穫は出来なかった(折るのに適したサイズの茎があまり見当たらなかったし、あってもうまく折れなかった)から、ここにも特に書いてなかった。いや台風のときに茎が折れたと書いたか。全部網羅してないと急に出てきた感あるな。

そんなわけで植えてから5か月ほどたって12月に入り、葉っぱも多少くたびれてきたし、もういいだろと。

f:id:hon:20191202155522j:plain

途中で折れつつ、全部掘り出した。そういえばこの鉢には雑草がほとんど生えてない。ショウガならではなんだろうか。

f:id:hon:20191202155746j:plain

洗った。

f:id:hon:20191202160147j:plain

右上あたりの茶色いやつが最初の種ショウガ。底の方はスパッと水平にカットしてあった。食べるときはこいつからにしよう。くたびれ果てているだろうから。最初はこいつから伸びた一本の茎だけだったとすると、確かに相当増えた。

そんなわけで生姜、かなり収穫が望めるわりに乾燥しないよう気をつけるだけで栽培はとても楽ではあるんだけど、途中どれくらい育ってるのかがわからなすぎるのと、あととにかく連作を嫌うのだそうで同じ鉢では4~5年育ててはいけないという縛りがあり、それはけっこう難しいね…というところ。

最初の試練を乗り越えろ

あれから考えて、考えている間にもひとつ倒れて残りひと株になってしまったけど、「…散水の時間を一日一回にしたとき、何の気なしに夕方になってたのがあかんかったかも」と思い至り、早朝に切り替えたところ、

f:id:hon:20191114113114j:plain

今のところどうにか持っている。見るからに危ういが。

あと水が出る部分はシャワータイプから霧吹きタイプに交換した。蛇口から一番近い場所は水が出過ぎる傾向にあるので。

でもなー、湿った状態で夜に冷えると駄目になるとして、雨の日とかもあるわけだしな…

そしてこのままでもしょうがないので新たに5粒ほど蒔いた。

さらに今のところ植え替える余地はないけど育苗ポットでも育ててる。

f:id:hon:20191114143132j:plain

オクラもピーマンも小さい実がまだあって引っこ抜きづらくて。